深夜番組的なノリでiPhone・Androidアプリレビューと面白ニュースをお届けするアプリ情報サイト
iPhoneアプリを紹介するアプリ学園
ニュース

【注意】iPhoneの設定で写真の撮影位置情報がばれちゃう?ジオタグ(geotag)を消す方法

すうやん

iPhoneで撮った写真ですが、設定によっては撮影した場所がわかってしまう場合があることをご存知でしたか?

iPhoneの「位置情報サービス」とカメラを連動させることによってジオタグ(geotag)という自分の居場所をの示すものが写真のデータに書き込まれてしまうからです。

どこかでアップロードした写真のジオタグ経由で住居を知られて強盗にあったり、ストーカーがジオタグ経由で相手の居場所を探ったりという可能性が考えられる事件も出てきているのが現状です。

何の変哲もない写真だと思ったら居場所がバレバレ

20141020_geotag_002.jpg


何の変哲もないiPhoneの写真です。
この写真から撮った場所を分かるはずないと思いますよね。


20141020_geotag_001.jpg


いやぁあああああぁああああぁあああ!

GPS情報として緯度・経度・高度まで出ちゃってますね。


20141020_geotag_003.jpg


この情報を元にGoogleマップで場所を特定できちゃったりします。
それ用のソフトウェアなんかもあったりしますね......

撮影場所を晒さないためには?

20141020_geotag_004.jpg

 

設定>プライバシー>位置情報サービス

で、撮影場所を知られたくない場合は、位置情報サービスをカメラと連動しないようにしておきましょう。

写真を撮った場所を忘れたくない場合は便利な機能であったりはしますしね。
撮影場所を覚えてなくていいよっていう人は常にオフにしておきましょう。

以前に紹介した撮影済みの写真のジオタグを簡単に確認して削除できるアプリもありますよ。

【関連】

【危険】写真から家の場所がバレるって知ってた?撮影場所のGEOタグ情報を簡単に確認し削除できるアプリ

写真をアップロードした際にジオタグを消してくれるサービスも増えてはきましたが全てのサービスが対応してくれているわけではありません。

後々、怖い思いをする前にジオタグの設定を見直してみては如何でしょうか。

この記事はどうでした?

コメント(6)

画像の中に見える文字を入力してください。

新着記事
人気ページランキング

iPhone人気アプリランキング

特集ピックアップ
人気ページランキング
掲載メディア
  • アプリ学園ではYahooExciteに記事提供を行っています。
  • 雑誌「Mac Fan」2月号

    雑誌「Mac Fan」2月号「美崎栄一郎おすすめの人気iPhone/iPadサイト」でアプリ学園が紹介されました。