深夜番組的なノリでiPhone・Androidアプリレビューと面白ニュースをお届けするアプリ情報サイト
iPhoneアプリを紹介するアプリ学園
iPhone + Androidアプリレビュー

スマホの画面が豚だらけに!? 豚満載アプリ「ぶたみっけ」の不思議な魅力がじわじわくる!

萩栄一

appstoregoogleplay

ぶたみっけ

育成ゲーム系アプリ学科
無料
開発:JOE,Inc
バージョン:1.5
サイズ:31.8MB

※掲載中の価格等の情報は記事作成時点でのiOS版の内容を元に作成しています。

昔、「ベイブ」って映画がありましたね。
面白かったんですけど、調子に乗ってつくられた続編はそれほどでもなかった記憶があります。
まあベイブの話はどうでもいいんですけど。

ぶたファンって、一定数いると思うんですよ。世の中には。
モノクロブーみたいなのとか。

今回はそんな全国のぶたファンにこのアプリレビューを捧げたいと思います。
その名もずばり「ぶたみっけ」
アイコンも名前も、見事にぶた感満載でいいですね!


20141208_butamikkei_1.png


アプリを最初に起動すると、まずニックネームの入力を求められます。
こういうのは好きな女子アナの名前を入れるに限りますよね。
ちなみに名前は後で変更できるので、最初は適当でもオーケーです。


20141208_butamikkei_2.png


ニックネームを入れ終えると、メインメニュー画面に。
矢印が思いっきり「ストーリー」を指してくるので、おとなしく従ってみましょうか。


20141208_butamikkei_3.png


ストーリーモードのオープニング。
オープニングってほど大層なアレでもないんですけども。

アルバイト募集の張り紙を見てやってきた主人公が、
養豚場のアルバイトとして指定されたぶたを見つけるという流れです。

簡単な説明を聞き、その後新人研修が始まります。


20141208_butamikkei_4.png


こんな感じで、指定されたぶたちゃんを探すことがゲームの目的です。
いろんな特徴のぶたがいるんですが、序盤は簡単なので何も困ることなくクリアできると思います。


20141208_butamikkei_5.png


実際のゲーム画面。
捜索中も画面上部に依頼されたぶたちゃんのイラストが出てくるので、
こことフィールドを見比べれば一目瞭然ですね。

この画面ではお目当てのぶたちゃんが横を向いてしまっているので分かりにくいですけど、
画面右下にいるおっきなぶたちゃんが指定された種類のものになります。

見つけたらタップして、回収
基本はこの作業の繰り返しなのですが、当然、ステージが進めば難易度も上がってきます。


20141208_butamikkei_6.png


森林ステージ

何を思ってこんなとこに放牧したんだよ!

見つけにくさは随一ですね。場合によっては完全に木に隠れてしまってることもあるので、
その場合はスワイプ操作で引っ張り出すこともできます。

中には制限時間が設けられていたり、
数種類のぶたを捕まえなければいけなかったりとなかなかハードな条件のステージも。

そして、なんとこのアプリ、ぶたちゃんを捕まえるだけでなく、
ぶたちゃんと触れ合って遊ぶことも出来るんです!

一定の条件を満たすと、
メインメニューにある「ぶたのおへや」が選べるようになり......。


20141208_butamikkei_7.png


こんな感じで、ぶたちゃんとまさかの共同生活を送ることが出来ちゃいます!

においそう!

あ、すいませんうっかり本音漏れちゃった。ぽろっと出ちゃった。


着せ替えとかが楽しめる他、ぶたちゃんをなでなですることだって出来ます。
なでてあげると、画面上のハートマークに色がつきます。好感度アップ、ってことですね。

ぶたから好意を寄せられて嬉しいかどうかは、各々の判断にお任せしたいと思います。

僕はまあそうですね、にお......あ、いや嬉しいと思います! 良いと思います!



■このアプリのオススメポイント
・ゲームが進むにつれ、使えるアイテムが増えていく充実感を味わえる
・ぶた好きにはきっとたまらない

■このアプリの残念なところ
・ぶたをコーディネート出来るが、需要が高いのかはいまいち分からない
・後半の難易度が結構高いので苦労する

■このアプリを使ってみた感想まとめ
難易度の高さは人によって好みが分かれるところだと思うが、個人的には嫌いではない。ぶた好きな人をピンポイントで狙ったアプリかと思いきや、ゲーム性もなかなか高く割としっかり遊ぶことが出来た。アイテムをコレクションしていくのが好きな人ならハマる率も高いのではないだろうか。

コメント(13)

画像の中に見える文字を入力してください。

私がこの記事を書きましたライター一覧
へそまがりフリーライター

萩栄一

文章を書いて生活しています。
アンテナはエンタメ方面に伸びていることが多いです。
お菓子と音楽と漫画で機嫌が良くなります。猫も好きです。
へそとか背骨とか色々なところが曲がっているらしいですが、
まっすぐ生きてます。と言い張ってます。

他にもこんな記事を書いています。もっと見る
新着記事
人気ページランキング

iPhone人気アプリランキング

特集ピックアップ
人気ページランキング
掲載メディア
  • アプリ学園ではYahooExciteに記事提供を行っています。
  • 雑誌「Mac Fan」2月号

    雑誌「Mac Fan」2月号「美崎栄一郎おすすめの人気iPhone/iPadサイト」でアプリ学園が紹介されました。