深夜番組的なノリでiPhone・Androidアプリレビューと面白ニュースをお届けするアプリ情報サイト
iPhoneアプリを紹介するアプリ学園
iPhone + Androidアプリレビュー

ハンターハンターファンならプレイすべき!「HUNTER×HUNTER バトルオールスターズ」を冨樫ファン目線でプレイする

萩栄一

appstoregoogleplay

HUNTER×HUNTER バトルオールスターズ

育成型RPGゲーム系アプリ学科
無料
開発:BANDAI NAMCO Games Inc.
バージョン:1.0.1
サイズ:73.6MB

※掲載中の価格等の情報は記事作成時点でのiOS版の内容を元に作成しています。

どうも、大の冨樫フリーク、萩です
もう僕と同じ行にこの方の名前を入れていること自体恐れ多いくらいです。

「HUNTER×HUNTER」が久しぶりにジャンプで連載を再開したということもあって、
今僕の中でワールドカップより冨樫熱の方が燃え上がっているといっても過言ではありません。

そんな冨樫ファンの僕なので、当然このアプリもやらないわけにはいきませんね。
はい、「HUNTER×HUNTER バトルオールスターズ」です。

先に言っておきますが、僕は本当にひくくらい冨樫先生の作品が好きなので、
それ関係の評価は結構甘々になります
色眼鏡って怖いねー。

審判とかには間違いなく向いていないタイプですね。
誤審し放題でしょうね。

そのあたりを踏まえて、実際にゲームをやってみましょうか。

【関連】
ワンピースらしい仕掛けが盛りだくさんのタップRPGゲーム『ONE PIECE トレジャークルーズ』戦闘が気持ちいい!

20140617_hunterbas_1.jpg

こちらがトップ画面。
うーんいいですね、わくわくしてきますね。

パッと見、キャラも初期からキメラアント編くらいまでのものは揃ってる風ですね。
個人的に大好きなキャラ「ウェルフィン」が見当たらないのが切ないですけど......。

あ、言っときますけど、このくらいの知名度のキャラ名、バンバン出していきますからね!


20140617_hunterbas_2.jpg

ゲームは、最初にチュートリアルから始まります。
序盤の進行は主にこのビーンズさん、そして......。



20140617_hunterbas_3.jpg

ビスケ姐さんが担当してくれます。

ちなみにビスケ姐さんの映っているこれがホーム画面で、
基本的にはここから色々な操作をすることになります。


その中でもこのゲームのキモである、「ミッション」をやってみましょう。

20140617_hunterbas_4.jpg

ミッションを選択すると、ミッションエリアと呼ばれるフィールドに移動し、
様々なミッションをこなしていくことになります。

今回は「敵を殲滅せよ」と表示されていますね。

やり方は非常に簡単。
フィールド上に敵が次々と出現するので、好きな場所にキャラを移動させ、
敵に合わせて攻撃したいキャラをスワイプさせるだけ。

なんだったら、特に何もしなくても射程距離に入れば自動で攻撃してくれます。

それではやりがいがない......!

と嘆くことなかれ。

実際にやってみると分かりますが、キャラクターによって攻撃の射程が違うため、
強い敵に対してはしっかり近距離・遠距離を意識しないと手こずることもあります。



20140617_hunterbas_5.jpg

これが実際に戦闘しているところの画面です。

タフな近距離タイプのキャラを敵近くに配置して、遠距離キャラは遠くから援護、
というフォーメーションがおそらく効果的だと思います。

ただまあ、難易度がそこまで高いかと言われればそうでもないです。

画面の下にキャラのアイコンがあるのが見えるでしょうか。

上の赤い列にいるのがフィールドに出ているキャラ、
下の青い列にいるのが「サポートキャラ」と呼ばれる、フィールドに出ていないキャラなんですが、
これらは好きなタイミングで入れ替えることが出来ます。

上の画面の例で言えば、今フィールドで闘っているのはゴンですけど、
いつでもキルアと入れ替えることが出来るんです。

そして、フィールドに出ていない間は体力ゲージが回復していきます。

ということで、この入れ替えを使っていけばそう簡単にはゲームオーバーにならないかと思います。
少なくとも、序盤は。

......みたいな感じでゲームは進んでいくんですが、
当然冨樫ファン、ハンターファンを喜ばせる仕掛けも盛りだくさんです。


たとえば、原作ではちょろっとしか出ていないキャラがちゃんとゲーム内でも登場したり。

20140617_hunterbas_6.jpg

これとかね!
原作での出番は決して多くないけれど、ファン人気は割とある(僕調べ)メンチちゃんですよ!
セクシーで非常によろしいと思います。


そしてなんといっても、やっぱりファンが喜ぶのは「スカウト」というシステムでしょう!

まあ有り体に言っちゃえばガチャのことなんですけど(そしてガチャ=課金のイメージですけど)、
幸い課金をしなくても、ゲームを進めていればちょこちょこ出来るので、無課金ユーザーも楽しめます。


このガチャでは強化アイテムだったり、新たな仲間を手に入れることが出来ます。

20140617_hunterbas_7.jpg

ハンターライセンスを差し込むことで、ガチャスタート。
いいですね、こういう細かい演出。

実際にガチャで引いたキャラは、以後仲間としてミッションで使うことが可能に。


20140617_hunterbas_8.jpg

こんな感じに現在持っているキャラ一覧を確認できるので、
コレクター魂が刺激されますね。

まさにハンター!



20140617_hunterbas_9.jpg

早速、何回かガチャをやって引き当てたメンバーでチームを組んでみました。

ポックルとポンズが揃っているところが個人的満足ポイントです。
このチームでミッションをやるとこのコンビが一番弱いんですけどね。

手に入る仲間は、おなじみのあのキャラから敵として原作で猛威を振るったあのキャラまで幅広く。
有名なキャラしか出てこないのかな、なんて最初は思ったりもしたんですが、
結構マニアックなところからもちゃんと出てくれている様子。



20140617_hunterbas_10.jpg

これとかね。
マチボッケなんて憶えてるヤツほとんどいないだろこれ!

え、いやもちろん僕は憶えてますよ。
むしろハンターのキャラで憶えてないキャラなんていませんよ。

だって僕、冨樫作品が大好きだから!

大事なことなのでもう一回書きましょうか。

僕、冨樫作品が大好きだから!

はい、しつこいですね。
気持ち悪くなる前にこのへんでやめておきましょうね。

もう既に気持ち悪くなってる可能性が高いですけどね。

ということで、原作ファンも十二分に楽しめるこのアプリ、
ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。



■このアプリのオススメポイント

・簡単な操作で誰でも楽しめる

・いろいろなキャラを集める楽しみがある

■このアプリの残念なところ

・戻るボタンがやや小さく、スワイプで戻れないページなどがあるので少し不便

・正式サービス開始間もないので、まだキャラなどが充実しきっていないと思われる

■このアプリを使ってみた感想まとめ

このアプリに興味を持つのは大半が原作ファンだと思うので、そういった意味ではプレイした大体の人が気に入るアプリになっていると思われる。もう原作では登場しなくなってしまったキャラなどに会えるのは、ゲームならではの喜びではないか。今後キャラがどんどん増えていけば、ますます楽しくなっていく予感がする。

【オススメ攻略サイト】 ハンターハンター バトルオールスターズ攻略まとめWikiWazap

コメント(13)

画像の中に見える文字を入力してください。

私がこの記事を書きましたライター一覧
へそまがりフリーライター

萩栄一

文章を書いて生活しています。
アンテナはエンタメ方面に伸びていることが多いです。
お菓子と音楽と漫画で機嫌が良くなります。猫も好きです。
へそとか背骨とか色々なところが曲がっているらしいですが、
まっすぐ生きてます。と言い張ってます。

他にもこんな記事を書いています。もっと見る
新着記事
人気ページランキング

iPhone人気アプリランキング

特集ピックアップ
人気ページランキング
掲載メディア
  • アプリ学園ではYahooExciteに記事提供を行っています。
  • 雑誌「Mac Fan」2月号

    雑誌「Mac Fan」2月号「美崎栄一郎おすすめの人気iPhone/iPadサイト」でアプリ学園が紹介されました。